« 96.【FF】プリ○珍遊記-その1- | Main | 98.【FF】プリ○珍遊記-その3- »

Monday, February 20, 2006

97.【FF】プリ○珍遊記-その2-

t7_bpuri プリ○です。
いよいよ、○さんとご対面!の時がやってきました。

バス周辺で修行をして、モンクLv7になったプリ○。
港のオンナ(マユ無かった!)に別れを告げて

owakare

○さん、しゃけ○さんとの待ち合わせ場所であるセルビナへ
向けて出発。
途中、ゴブや亀に絡まれるんじゃぁないかと心配したものの、
何事もなく、ちょっと拍子抜けしつつもあのトンネルへ到着!

あのトンネル・・・そう、バスっ子ならば誰もが避けて通れない道。
コンシュタット高地からバルクルム砂丘へ入り、トカゲ&ゴブ広場
を抜けた先のコウモリトンネル。ここの3連砂コウモリはアクティブ、
しかしこのトンネルを抜けるしかセルビナへ行く道は他にはない、
というバスっ子にとっての試練トンネル。

RedZone

このトンネルが生死の境目!ってーことになるわけです。

t7_bpuriレベル上げPTも人通りも少ないし、ヤなヨカン・・・
 

冷や汗をかきつつ中へ進んだら、いました、アクティブコウモリ
が。○さんは既にセルビナに到着しているようだし、でも、ここ
までお迎えに来てもらって初対面!というのもなんだかカッコ
悪いなぁ、ということで、プリ○、ちょっと勇気を出してシャウト
してみることに。

helpme   

しばらく待っていると、来ましたよ!勇者のみなさんが!!
トカゲ広場でレベル上げをしていた外国のPTの方が助けに来て
くれたのでした。

t7_bpuriとてもとてもありがとう!
 

h4_a どうってことないね!
キミを助けることが出来てボクらも嬉しいんだ!

見ず知らずのオムツタルに手を差し伸べてくれたことに感謝
してその先もズンズン進んで、思ったよりも早くセルビナに
到着しました!

Shout

無事到着できたことが嬉しくて思わずシャウトしたら、町長?
さんに温かく迎えてもらえました(笑)。

MyTown   
 

・・・セルビナは今でも変わらないまま、の町、なのでしょうか。
     なんだか嬉しくなりました(プリケツ)。

   

しばらく町中をぐるぐるしながら、○さんを探すものの、なかなか
出会えません。どうやら、○さんもぐるぐるしていた模様(笑)。

t7_bpuri しゃけ○くんが到着するまでに会えなかったら、
かなり笑える。。。

なんて考えていたら、つんつんされました!○さんに!

marusan

移動と万が一のこと(プリ○、しゃけ○へのレイズ)を考えて
白で待機してくれていた○さん。
チュニクがお似合いです!
よーやくご対面が実現しました!

               わーい!!!!!!!!!

夕日を眺めて○さんと二人感動に浸るプリ○

t2_a ブログってすごいですねー
   

t7_bpuri うんうん!
   

himono

風に揺らぐ何かの干物も静かに祝福しています(たヴん。。。)

って、この無言のひと時、SS撮影に夢中になっていた
のは言うまでもありません。

この後、しゃけ○くんも無事に-ひとつだけレベルダウンしちゃっ
たらしいけど-セルビナに到着。

ようやく、○トリオ勢ぞろいとなりました。

私信:べにさん
今度はジュノへべにさんに会いに行きますよー!

--- その3へ続く ---

|

« 96.【FF】プリ○珍遊記-その1- | Main | 98.【FF】プリ○珍遊記-その3- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118098/8751913

Listed below are links to weblogs that reference 97.【FF】プリ○珍遊記-その2-:

« 96.【FF】プリ○珍遊記-その1- | Main | 98.【FF】プリ○珍遊記-その3- »