« 20.【FF】るーzの研究報告 -その1- | Main | 22.異種カテゴリー »

Friday, August 12, 2005

21.【FF】るーzの研究報告 -その2-

t6_brz 20.【FF】るーzの研究報告 -その1-からの続きです。

メカガルカの燃料は、変色クリスタル(*1)とある物質Aを

反応させることで精製できます。

変色クリスタルは、皆さんご存知のように簡単に手に入ります。

Cidさんの変色クリスタル集め(*2)に協力した冒険者さんも

多いと思います。

しかし、物質Aが希少なため、メカガルカは燃費改良の必要

に迫られていました。

この問題を解決するための策は次の二つ。

①メカガルカの総重量を減らす

②物質Aの代替物質の発見または精製

ボク達は当初、メカガルカの性能を上げるために、

メカガルカ内部に様々な仕組みを作りこんだのですが、

あまりに複雑に作りこんでしまったために、

メカガルカががヒールを行う際に乗務員のタルタルが

はみ出てしまう(下の画像参照)事件が相次ぎました。

hamidetaru

この状況では、一般冒険者に混じっての活動ができません。

ボク達はメカガルカの内部構造を簡素化すると共に、

乗務員人数を当初の4人から3人へ減らしました。

結果として、このことがメカガルカの軽量化に繋がり、

燃費効率アップという目的を達成できたのです。

物質Aの代替物質に関しては、Cid工房長の協力の下、

今も研究が進められています。成果が楽しみです。

そして燃料問題の一部を解決した今も、

メカガルカ研究は続いています。

今よりももっと生身のガルカさんに近づくことを目的とした、

メンタルな部分の研究が最近のホットな話題です。

周りからは、二人のガルカが楽しく遊んでいるように見えますが

shynchro

cry_garuka生身のガルカさんとメカガルカのSynchronization、

俗に言うシンクロの実現や、メカガルカの悲しみの表現には、

高度な技術を要します。

みなさんも、メカガルカに出会うことがあったら、

応援してあげてくださいね。

最後に、おまけクイズを。

次の画像を見てください。さて、どれがメカガルカでしょうか?

mekagaruka

*1:バス国民があの偉大なCid工房長から依頼される最初の

  ミッションにおける重要アイテム。

*2:ボクがバスに来たのは、Cidさんの協力を仰ぐためでも

  あったのです。もちろん、Cidさんはこの申し出を快く

  引き受けてくれました。

|

« 20.【FF】るーzの研究報告 -その1- | Main | 22.異種カテゴリー »

Comments

飛び出た運転手
→会社でフイチャッタ…鼻水デタ。

クイズ
一番右のっ!
理由1:ちょっと肌が人口物っぽかった。
理由2:指の本数が少なかった。

Posted by: しゃけ | Friday, August 12, 2005 at 05:49 PM

惜しい。ちょっと違う。
・・・って、しゃけさん視力いいですね。

ぁぅぅ面白い切り返しが思いつかない。
おやすみなさい。

Posted by: プリケツ | Saturday, August 13, 2005 at 03:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118098/5436448

Listed below are links to weblogs that reference 21.【FF】るーzの研究報告 -その2-:

« 20.【FF】るーzの研究報告 -その1- | Main | 22.異種カテゴリー »